戯画医出亜

新井紀浩 の電子漫画をせっせと描き、なんとかUPしていこうとたくらんでいるパソコンと電子書籍のブログ。

フリーエリア

 

お知らせ

Twitter ID @gigaidea パブー、及びDlsiteにて電子漫画の委託販売を行っています。 詳しくはリンクより閲覧ください。

△top

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

作業効率化UPのための計画アレコレ 

 


 なんで漫画作業がはかどらないか?とある日、自分に問いかけてみた。

たとえば、俺は今ネーム作業を進めているが、紙に一コマ描いて、スキャンして、コントラスト調整して、主線抽出して…と、一コマ決めるのに事務的な作業があまりにも多いので停滞する時間もトータルでは膨大なものになってしまう。
そこで思ったのは、描いて原稿の上に絵を載せるまでの作業の中で、スキャンと主線抽出までのつまらん仕事を省略するにはWACOMのCintiqなどのデバイスを使えればいい。購入を真剣に考え始めたが、これが高いので手が出ないw(なんと最安値で17万ですよ奥さん!!)

 貧乏漫画描きはどうすればいいのですか?神様。で、裏技を調べ始めた俺はある情報にいきついた。


 Cintiq DIYとか自作液晶タブレットとか、世の中には市販のディスプレイとタブレットを重ねて簡易Cintiqをつくってる人が世界中にいるじゃないですか!


 えぇぇぇぇぇ!!そんなんできるん?
できるらしいですね。しかしこれ、ペンとタブの距離が1センチ前後が反応の限界で、これ以上ペンがタブと離れてしまうと、タブが反応しなくなり、カーソルが動かない。したがってディスプレイが1センチ以上あると、タブと重ねてもタブが反応しないのだ。で、距離を稼ぐため、液晶を分解してタブと密着させるべく配線レイアウトを変更するなどの措置が必要らしい。面倒なうえ少々研究が要る(壊れやすいらしいし)。
しかぁ~~し!
あるんですよ今は。薄さ1センチ以下の実に薄いディスプレイが!

DSC_0086.jpg

 ↑GeChicという、台湾メーカーらしき品で、13インチちょっとの大きさで。で、問題なのは薄さで、なんと8ミリ!!
これなら分解無しで上にのせただけでペンのカーソルが反応するんでない?と思った俺は秋葉原へw
 家に戻って接続してタブの上でペン走らせたら、

 動いた!!動いたよカーソルがぁぁぁ!


 やった!これで希望がでてきた。なんて言っても分解なしでタブが使えるとは、飛躍的に希望がでてきた。


 ってなわけで、このディスプレイとタブをマウントするステーやらスケーリング設定やら、これからみなさんにレビューさせていただきますw


スポンサーサイト

category: パソコン

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://gigaidea.blog.fc2.com/tb.php/18-bd175a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top