戯画医出亜

新井紀浩 の電子漫画をせっせと描き、なんとかUPしていこうとたくらんでいるパソコンと電子書籍のブログ。

フリーエリア

 

お知らせ

Twitter ID @gigaidea パブー、及びDlsiteにて電子漫画の委託販売を行っています。 詳しくはリンクより閲覧ください。

△top

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

更にペンタブ改造 

 


 作業環境を整えようとしてIntuos5やインクペンの改造をここのところやってきた。

タブレットの上に敷いた紙を直接観ながら描画できるこのシステムは実に筆者にあっているので、このやり方を極めるべく、タブの上にアクリル板をのせ、2穴のタップを設置した。

 しかし、ここで最後の障害が。

 タブを見ながら作業するってことは、インターフェイス上の各ツールやスクロールバーを気づかず動かしてしまい、できたPC内の絵がわけわからんことになってしまうw
これはPCのディスプレイを見ないで事を進めるから起こる失敗で、この問題を解決すべく、画面マッピング機能やプレジションモードなどを試したが、WINのGIMPではなぜか様々なバグが頻繁に起こりホトホト困ったw


 で、最終的にこうした↓

DSC_0091.jpg

 タブ表面に張った黒いアクリルにメタルラックが写り込んでいて分かりにくいかもしれないがw
アクリルで作った紙を止めるためのアクリル板の上に、電子ペンを反応させたくないエリアにアルミ箔を張った厚紙をのせ、更にその上から0.5ミリの透明アクリルを載せている。

 これにより、ツール群やスクロールバーなどの、画面の上下左右にある部分にペンが行ってもPC上ではまったく反応しない。


 つまり、

今後はペンタブ上の紙に集中して作業進められるということw


 このまましばらく使ってみて様子みよう。
スポンサーサイト

category: パソコン

tb: 0   cm: 0

△top

発見 

 

 WACOMインクペンのインクの消費が思ったより激しいことがわかり、コストを計算した結果、えらく金がかかることがわかった。
なんとかならんかとネットで情報を漁っていたところ、市販のボールペンの替芯が使えるのでは?との疑惑がでてきたw

 各社が出しているインクリフィルのサイズをあれこれ見ていたらWACOMのそれに近いか同じでないの?と言いたくなるほど、形も長さも似ている。これはどっかで一本リフィルを買ってきてつけてみようと思い、行動してみた。

 んで、文房具屋で買ってきたインクリフィルが↓

パイロットゲルリフィル

 0.4ミリってのは少し細い気もするがwまぁ実験だから今回はこれでいいや。
ってなわけで、マジマジと眺めていると、正にWACOM純正インクに似てるw

 比べてみよう。

リフィル比較

 右がWACOM純正のインクペン用リフィルで、左が文房具屋で買ってきたパイロット製のリフィル。
う~~む、これはマスマス怪しいw

 入れてみよう。

装着

 は、入ったぁw

 もちろん描けたw

 なんだよWACOM! 消耗品を汎用の規格使ってるのに1本300円で売っちゃいかんだろ!w
まぁいいよ、これから好きな色のインク使ってるリフィルを時間かけて選んでいこう。

 しかしこれで最大6分の1のコストでインクペン使えるw
よかったよかったw

category: パソコン

tb: 0   cm: 0

△top

いろいろあったけど新井は元気ですw 

 


 日常で起きた馬鹿げたことが一つ。

筆者の母校である埼玉県立幸手高等学校が来年の春になくなるらしいw

 たいした思い出もないが、青春時代の象徴のような高校がなくなる悲しみというものをここ数週間噛み締めている。
なくなる前に見に行った方がいいのだろうが、どうにも踏ん切りがつかないw

 ま、一回見に行って本当にあの学校を今度こそ卒業しよう。




 母校の廃校に関連しているのかどうかわからないが、最近バイト中に昔のことをよく思い出す。
特に記憶の底から出てくるのは、漫画の修行時代にちょっとしたいきさつで顔を出すことになった、漫画原作者志望が多くいる学校のことだ。

 結論から言って、原作者が多くいる場所に漫画家が近寄るとロクなことがない。当時何もしらなかった筆者はあそこでひどい仕打ちを受け、二度と原作者とはかかわらないと心に誓ったものだったw

 このことは自分がもうちょっと漫画で名が売れてきたら、当ブログで語っていきたいと思うが、もし漫画家志望の少年少女達がここを見ていたら、一つ警告させていただきたい。

 漫画原作者が多くいる場所に漫画家は近づくべきじゃないよw

 すごく嫌な思いするからね。




 えっと、なんでだろう。母校廃校がきっかけで強烈な過去の記憶が、筆者の中で吹き出してきて、

 なぜかこんな独り言をブログに書いてしまったw



category: 日常

tb: 0   cm: 0

△top

やっとそろったw 

 


 停滞していた給料がやっと振り込まれてたのでIntuos5 Lageを買った。これでインクペンと組み合わせたTest的な作業をしてみたが、この組み合わせはかなりいい。


 ってなワケで、ちょっと落書きしてみたw


インクペンTEST


 このインクペンってもんのいいところは、紙に実際描ける上にタブレットを見ながら作業ができるという、言ってみればアナログ的な作業が可能なとこであり、手書きの絵をスキャンして張り合わせるといった事務的で大量の無駄な時間が省略できることで、このペンがかなりいけると知った筆者はタブレットを新調する決心がついた。

 Intuos5のLageを手に入れてみて解ったが、あれってB5の紙がペンの反応範囲にスッポリ入ってしまうこと。
Lageってこんな大きかったんだなぁ。
これは実にうれしい誤算だったw おかげで作業的な障害はこれからはなくなりそうw


 漫画でタブレット購入を予定している人は絶対このIntuos5のLageとインクペンの組み合わせを検討されることを強くお勧めする。


  これまじでいいよ。

category: 漫画製作

tb: 0   cm: 0

△top